予約

採用情報

横山歯科診療所のご案内
  • スタッフ紹介
  • 診療設備
  • 交通案内
  • 料金表
  • 個人情報の保護

歯科コラム

e歯医者さんドットコム

治療方針

一般歯科について

虫歯や歯周病の治療、そして治療が終了された患者さんにはメンテナンスを実施して、お口の健康を維持するお手伝いをしております。

尚、治療に際してはできる限り痛みの少ない治療を心がけ、
電動の注射器、体温と同じに温めた麻酔薬、
痛みの少ない細い注射針を使用しております。

虫歯について

毎日私達の治療の半分は過去に受けられた治療のやり直しをしています。それでもまだ再治療が可能ならばいい方で、既に抜歯された状態で来院されることも多いのです。 

しかし、良く考えてみれば、
その方も始めから歯がなかった訳ではありません。
過去に小さな症状が出た始めの1本の歯を守り切れず、
次々と年を加えることで逆に歯を失っていくという
矛盾した一面も残念ながらあるのです。 

わかりやすい例を挙げてみましょう。
虫歯を削って詰め物をしてもその周囲から
2次カリエスになった場合、次の治療は更に問題が
拡大してゆきます。

極端な場合、歯にとって大切な神経を
抜かざるを得ないこともあります。 
神経を取ることで歯が脆くなります。
形状によっては根が折れてしまい、その先には抜歯が待ち受けています。 
それならばと更に両脇の歯を削ってブリッジや、
取りはずしの部分入れ歯へと時間をかけて歯を失っていくのです。 

勿論全ての患者さんがこういう道を辿る訳ではありませんが、
いずれにしても始めの1本の歯を守り切れなかったことから始まっているのです。
これが『まず始めの1本の歯を守ること』という基本の考え方です。

歯周病について

現在、歯周病は単に歯を失うだけでなく、全身疾患(心臓病、糖尿病、早産等)と密接な関係が指摘されています。

原因はお口の中の細菌とカンジタ(カビ・真菌)の
混合感染症ですから従来の1本単位の治療では
意味がありません。
患者さんの口腔内の原因菌の有無やカンジタの量を
位相差顕微鏡で観察し、その患者さんに必要な処置を実施していきます。